展覧会・イベント企画、作品制作、施工、展示…トータルフィニッシュワーカー「フレームマン」





spacer

spacer

新年の信念

皆様、旧年中は大変お世話になりまして厚く御礼を申し上げます。
株式会社フレームマンの奈須田一志です。
新しい2017年をファミリーと共に無事に迎える事が出来ました。
本年もフレームマン、スタッフ一同をどうか宜しく
お願い致します。

一昨年より、アメリカ製のマット窓抜きマシーンと日本最大の
パネルソーの導入に伴いまして、墨田区石原に倉庫&オフィスビルを
開設致しました。
又、業界の皆様のお役に立つべく、千葉に大きな倉庫を新設して
空調、湿気対策の行き届いた美術倉庫に改装して皆様の大切な作品を
保管・管理させて頂いております。

昨今、非常にご好評のフォトアクリル加工用の従来2台所有のオリジナル
ホットローラー機に更に超大型ホットローラー機の製造を試みて、永年
お世話になっておりますメーカーさんのご協力の元、間も無く完成致します。

諸般の事情で段ボール箱&タトー箱の製造マシーンも導入しました。。。
リース地獄で厳しい所ですが必要不可欠な物、働く環境、設備投資は止むを得ません。
とにかく皆で頑張ります。

パリの視察研修から、ドイツ、スイス、ニューヨークの現状を十分に
把握して、もう一つ、もう一つ永年の目標が実現すれば、大きな夢が叶う。。。
今年はそんな年のスタートです。

まだまだ非常に厳しい経済状況の中、問題山積の日本で石橋を叩きながら、
慎重にしっかりと地に足を付けて、本業一筋で謙虚に裏方として邁進致します。

5年間、東日本大震災の支援と昨年は熊本大地震の支援も併せて
『被災地の子どもたちへ』チャリティー販売会をやりきりました。
たくさんの写真家先生のご協力、皆様のご支援のもと、465点もの
作品が支援に繋がりました。
女川、石巻、陸前高田、熊本(未定)の小中学校の子どもたちへ
支援させて頂きました。
こちらはフレームマンの支援企画サイトにて詳細をご報告させて
頂きます。
弊社独自の支援活動は一旦終了させて頂きましたが、様々な
形で出来得る限りまだまだ長い道のりの被災地の復興に向けて
ご協力して行く所存です。

素晴らしいスタッフと共に一致団結して思いやり合って、嘘と陰口のない
空気の綺麗な会社のまま、必死に頑張って参ります。
病気、怪我、事故ない様に皆んなで注意して私はファミリーを守り抜いて
参ります。

必ず、業界の皆様のお役に立たせて頂きます。
本年も何卒宜しくお願いを申し上げます。


平成29年1月5日
株式会社フレームマン
プロフレーム株式会社
代表取締役社長
奈 須 田  一 志
   祝御苗場ご出展! 出展者専用お問合せフォームを作りました。こちらからどうぞ!
spacer

 

 


本日、あの恐ろしい悪夢、悲しい辛い苦しい東日本大震災支援から4年が経ちました。
津波の映像に震え、涙が止まらなくなったあの時からもう4年・・・まだまだ復興には永い永い年月がかかります。
震災直後から様々なチャリティー展、報道展などに積極的にご協力して参りました。
1年後、自分で出来る事、小さい事でも継続して支援出来る事を考え、悩み。
フレームマン.ギンザ.ショールーム内に東日本大震災支援企画「被災地の子ども達へ」チャリティー販売ブースを
開設しました。
一年に一度フレームマン.ギンザ.サロンにて拡大版を開催しております。
現地に行くと自分がのめり込んでしまい、仕事が出来なくなる気がしてました。 2年間はフォトボランティアジャパン基金さんに、ご協力をして貰って支援金を現地の子供たちに送金しておりました。
昨年の支援金は、来月いよいよ石巻と女川の学校7校に伺って直接支援して来ます。
たくさんのご賛同下さる写真家の先生方のお陰で被災地の子供たちに支援が出来ます。
本当に有難うございます。
これからも、国は鳥の目で復興を!!?私共は身の丈に合った出来る事を虫の目で継続して参ります。
これからもどうか宜しくお願いを申し上げます。
そして被災地のみなさん!!
頑張り過ぎないで、諦めないで、笑顔を忘れないで。
何も出来ない、本当の辛さは解らない、被災地にいない私はこれ以上申し上げれません。
これからも、自分に出来る事を考えて参ります。

2015.3.11 代表取締役社長 奈須田一志のFaceBookページより

この度、東日本大震災で日本は大変な事態に陥っておりますが、こんな時こそ出来る事から、
協力をして参りたいと思っております。
被災地の方々の事を思うと、いてもたってもいられません。
お亡くなりになってしまった方のご冥福をお祈り申し上げます。
また、苦しんでいらっしゃる方々のお見舞いを申し上げます。 未だ、ご家族でご連絡が取れない状況や行方の分からない人の事を考えると、どんな不便な状況でも、まず節電、そして緊急情報に注意しながら、報道が呼びかけている事を適切に協力して行きたいです。 まだ助けを待ってる方々がたくさんいます。
自衛隊及び世界各国の救援隊の皆様なども必死で救助活動に取り組んでおります。一人でも多くの方が救われる事、そして何か出来る事を探して、協力して行こうと考えております。
皆さん!頑張って下さい、そして気を付けて下さい。

平成23年3月

株式会社フレームマン
代表取締役社長 奈須田一志
スタッフ一同


 東日本大震災チャリティー展にフレームマンも精一杯ご協力してご支援させて頂いております。
 既に実施されたチャリティー展及び今後の予定はこちらへ。

 フレームマン銀座ショールームにて堂々公開社長ご挨拶、並びに展示情報はこちらへ。



株式会社フレームマン